For T.

本や漫画や映画の感想。日々考えていること。

ホラー映画の見方とは。

私は怖がりなので、全くホラーを見ない。

 

 

なので、ホラー映画一般がどういうものなのかわからないのだが、
貞子VS伽倻子を観て、ホラー映画とはこうもスッキリしない終わり方を
するものなのだろうかと思った。
貞子と伽倻子を戦わせて、両者相打ち、めでたしめでたし。
…なんて話では全然なく、貞子と伽倻子がまさかのフュージョン
ロン毛の女の子は無駄死に。
変な霊能男は真っ二つになって、
女の子2人も多分あの後死ぬんだんだろう。

なんじゃそりゃ!
貞子と伽倻子退治できないで終わるの!?

とは思ったが、普段ミステリーやらSFやらアクションしか見ていないから、
こういう感想になってしまうんだろうか。
敵は必ず倒されるもので、苦しむ人々は必ず救われるものだと
無意識のうちに思ってしまうのだろうか。

貞子と伽倻子をいかに退治するか、最終的に呪われた人はどうなるのか、
なんてメインじゃなくて、
貞子、伽倻子の恐さがメインなんだから、
全体としてのストーリーなんて気にしてみるもんじゃないんだなあと思った。

悪さをするお化けを倒して、人々はみな幸せに暮らしました、なんてのは
ゴーストバスターズの世界だけなんだなあ。